Message 先輩メッセージ

挑戦できる環境で、
付加価値創出のための新たなアイデアを

福尾 優希/ FUKUO YUKI

所属部署朝デジ事業センター プロダクトプランニング部

入社年 / 専攻2021年入社 / 理工・経営工学科卒

現在の仕事
朝日新聞デジタルのプロモーションを担当

 朝日新聞デジタル(電子版)のプロモーションを担当しています。主な業務内容としては、朝日新聞デジタルの新規会員の獲得や新たな読者層の開拓、既存会員により長く朝日新聞デジタルを利用してもらうための施策検討です。良くも悪くも読者の忌憚のない意見に触れることができ、仕事の成果が読者の反応や数字にはっきり表れることは、この仕事の魅力であると感じています。記者部門や技術部門だけでなく、広告代理店など社内外問わず多くの方々と仕事ができることも魅力であり、自らの知見を広げることができます。

印象に残っていること
アイデアとチーム力で新たな施策を

 「付加価値創出の為に何をすべきか」、上司からいただいた言葉です。入社1年目は目の前の業務に一生懸命になり、仕事をすること自体が目的になってしまいがちでしたが、「この仕事は何のために行うのか」仕事の本質や意味を考えることの重要性を学びました。

 朝日新聞社には、若手のうちからアイデアを提案することや新しい挑戦をすることができ、様々な経験をさせていただける環境が整っています。悩んだ時や困った時に助けてくださる上司や先輩方もたくさんいます。コロナ禍で在宅勤務が中心ですが、一人で仕事をしているのではないと日々感じています。

MY CAREER HISTORY私のキャリアヒストリー

2021 / 04

入社 2カ月間の研修 [1年目]

 全部門合同研修で会社について学んだ後、ビジネス部門の各部署の研修を受けました。コロナ禍での研修でしたが、非常に充実していました!

新人研修。ビジネス部門の同期と
2021 / 06

デジタル部門研修 [1年目]

 デジタル部門研修で朝デジ事業センターのアプリチームに参加。2つの朝日新聞公式アプリの新機能開発やダウンロード促進プロジェクトなどの業務に携わりました。

2021 / 07

朝デジ事業センター プロダクトプランニング部に配属 サービス設計/分析担当 [1年目]

 朝デジ事業センターのサービス設計/分析チームに配属、朝日新聞デジタル(電子版)に関して、どんな記事やコンテンツがどの年齢層にどのように読まれているのか等、顧客層の分析を担当しました。

2022 / 04

同 プロモーション担当 [2年目]

 頼れる先輩方に日々助けていただきながら、毎日勉強しています! チームには異なるバックグラウンドを持つ方が多く所属されており、社の風通しの良さを感じています。

入社動機

 SNSを含むネット上で、誰でも簡単に情報を発信/取得することができる時代、真に価値ある情報を提供するメディアの必要性やジャーナリズムの重要性を感じ、この業界を志望しました。インターンシップ等を通して、朝日新聞社のデジタル強化へ取り組む姿勢や働く社員の人のよさ、社の雰囲気に惹かれ、入社を決めました。

オフの過ごし方

 休日は、友人と外出することが多いです。アメリカへ大谷翔平選手の試合を観戦に行きました。入社後はコロナ禍ということもあり、休日は家で映画や海外ドラマを見たりしています。

大谷選手の試合を観戦

みなさんへのメッセージ

 就職活動に正解はないと思います。説明会やインターンシップへの参加だけでなく、周囲にたくさん相談して、自分自身が社会人として実際に働いている姿を具体的にイメージしてみてください。皆さんが納得のいく答えを見つけられることを願っています!

PAGETOP