Parenting Support 子育て支援

ライフステージの変化に対応

 子育て支援は、妊娠や出産、育児だけでなく、配偶者の転勤にも対応。一人ひとりの事情に制度を照らし合わせ、柔軟な運用を行っています。

子育て支援

 育休復帰後に利用できる託児所(東京と大阪に計3カ所の提携託児所)や、ベビーシッター補助の制度も。子どもが小学校4年生まで、短時間勤務制度が利用できます。妻の出産休暇(7日)もあります。

くるみんマーク

 朝日新聞社の「子育て支援」に対する取り組みが、厚生労働省より、次世代育成支援対策推進法に基づく認定を受けています。

出産
  • 産前産後 19~25週(法律で定められています)
  • 妊娠休暇 21日 ※つわりや検診など使えます。半日単位でも取れます。
  • 妻の出産休暇 7日 ※分割、半日単位でも取れます。
育休
  • 法定を上回る「満2歳の年度末まで」取ることができます。
  • 夫婦ともに社員の場合は同時に取ることもできます。
  • 「ならし保育」のためにさらに1カ月延長できます。
復職後
  • 短時間勤務制度 週5日で1日5時間勤務、週4日で1日6時間勤務など、6タイプから選べます。
  • 勤務配慮 始業・終業時刻の繰り上げ、繰り下げができます。
  • 深夜勤務の免除 一定の条件のもと、深夜勤務、時間外労働、休日労働を免除する仕組みがあります。

※いずれも子どもが小学校4年生まで

Voice 社員の声

 夫婦同一総局勤務の岡林佐和さん・津田六平さんのワーク&ライフをご紹介します。ともに2004年入社。岡林さんは東京本社・経済部、津田さんは東京本社・社会部から、2017年4月に家族一緒に長野総局へ。

< 長野総局 >
岡林佐和 / 担当:県政など行政全般
津田六平 / 担当:総局統括、県警
お子さん2人を子育て中

夫婦同一総局勤務の経緯は?

岡林夫婦一緒に地方転勤するアイデアは、私たちの方から会社に提案していました。同じ勤務地であれば、交代しながら子どもをみることができますし、地方でもう一度取材してみたいという気持ちもあったからです。

実際に長野総局で勤務していかがですか?

岡林当初は大変でしたが、半年もすれば落ち着き、総局の皆さんの理解もあり、楽しく仕事しています。地方総局の方が、締め切り時間が早いこともあり、子育てと仕事の両立がしやすいかもしれません。また、職住近接で、いざというときに対する安心感も。

記者を続けながらの出産・子育ては大変ですか?

岡林保育園のお迎えから食事、寝かしつけまでという育児の「ゴールデンタイム」が、ちょうど新聞の朝刊をつくるピークの時間帯と重なっていること、そして転勤があること。両立の難しさはこの辺りにあるのではと思います。

津田記者同士の「職場結婚」が意外と多いこの業界。お互いに全国転勤があるなかで、どう子どもを持ち、どう育てていくかは、いつの時代も難しい問題です。私も1年間、会社の制度を利用して、夜間や休日の勤務を制限し、保育園の送り迎えをしながら仕事をしました。

子育て支援制度を活用する男性も増えている?

津田現状では、男性記者が育児を生活の中心に据える働き方を選ぶことは「少ない」といえるでしょう。でも、夫婦いずれもが記者として働いていくためには、助け合って育児をしていく必要がありますし、そういう時代になりつつあるとも感じています。そういった意味で、「夫婦同一総局」は記者の新たな働き方の選択肢になり得ると思います。

記者としてのこれからは?

岡林親になって子育てを通して見えるようになった風景というのもたしかにあります。そんな視点を記者の仕事に生かしていけることもおもしろいと感じています。

ある日(平日と休日)のタイムスケジュール
時間 平日の働き方 休日の過ごし方
7:00 起床
子どものご飯、身支度
 
8:00 保育園へ子ども送っていく
掃除などの家事
起床、新聞をよむ
子どもにご飯食べさせる
9:00 それぞれ出勤、取材など 子どもと遊びながら家事
10:00 裁判傍聴(津田)  
11:00 知事の定例会見(岡林) 冬支度のため、雪かき用スコップなど買い物
12:00 取材先とランチ
(長野駅周辺など)
昼ご飯(外食)
13:00 県政取材(岡林) 子どもの冬用衣服や、平日の食料品など買う
14:00 平昌五輪の取材(津田)  
15:00   子どもを昼寝させる
16:00 執筆 公園などで遊ぶ
17:00 総局に遅番着席(岡林) 原稿のチェックなど
18:00 津田は帰宅、保育園へ迎え 夕食
19:00 夕食準備
食べさせながら自宅でゲラのチェック
風呂に入れる
20:00 遅番業務終了、帰宅(岡林) 遊ぶ
21:00 子どもを寝かしつける 子どもを寝かしつける
… 寝ない
22:00 だいたい一緒に寝落ちする
が、復活できればこまごまとした雑務
寝る頃には親が寝落ち
23:00 就寝 就寝
24:00 子どもの夜泣き対応、授乳  
ある日(平日と休日)のタイムスケジュール
時間 平日の働き方
7:00 起床
子どものご飯、身支度
8:00 保育園へ子ども送っていく
掃除などの家事
9:00 それぞれ出勤、取材など
10:00 裁判傍聴(津田)
11:00 知事の定例会見(岡林)
12:00 取材先とランチ
(長野駅周辺など)
13:00 県政取材(岡林)
14:00 平昌五輪の取材(津田)
15:00  
16:00 執筆
17:00 総局に遅番着席(岡林)
18:00 津田は帰宅、保育園へ迎え
19:00 夕食準備
食べさせながら自宅でゲラのチェック
20:00 遅番業務終了、帰宅(岡林)
21:00 子どもを寝かしつける
22:00 だいたい一緒に寝落ちする
が、復活できればこまごまとした雑務
23:00 就寝
24:00 子どもの夜泣き対応、授乳
時間 休日の過ごし方
7:00  
8:00 起床、新聞をよむ
子どもにご飯食べさせる
9:00 子どもと遊びながら家事
10:00  
11:00 冬支度のため、雪かき用スコップなど買い物
12:00 昼ご飯(外食)
13:00 子どもの冬用衣服や、平日の食料品など買う
14:00  
15:00 子どもを昼寝させる
16:00 公園などで遊ぶ
17:00 原稿のチェックなど
18:00 夕食
19:00 風呂に入れる
20:00 遊ぶ
21:00 子どもを寝かしつける
… 寝ない
22:00 寝る頃には親が寝落ち
23:00 就寝
24:00  

PAGETOP