Message 先輩メッセージ

喜びも苦しみも面白さもある。
新聞記者という仕事をとことんまでやりつくしたい

比嘉 展玖/ HIGA HIRAKU

所属部署東京本社社会部

入社年 / 専攻2018年入社 / 文学部卒

現在の仕事
被爆地からニュースを発信し、未来へのヒントを探る

  1945年8月6日に広島に投下された原子爆弾によって被害を受けた方々や、核兵器を巡る現状を取材しています。取材するほど強く思うのは、原爆投下は「過去」ではない、ということです。

  2021年7月には、広島高裁が原爆投下後に降った「黒い雨」を国の援護区域外で浴びたと訴える住民ら84人全員を被爆者と認めました。判決が確定するまで、この住民らは被爆者としての適切な援護を受けられていませんでした。  21年1月には、核兵器の保有や使用を禁止する「核兵器禁止条約」が発効しました。被爆者は高齢化し、当時の体験を語れる方は少なくなっています。

 同じ被害を繰り返さないために、いま何をするべきなのか。より多くのニュースを発信して、ヒントを探り続けたいと思っています。

印象に残っていること
戦中の後悔と戦後の約束、取材を通して「思い」に触れる

  原爆投下後に降った「黒い雨」を巡る訴訟を一貫して取材するなかで、判決が根拠とした論文を発表した97歳の気象学者にインタビューしました。取材で見えてきたのは、学者が抱いていた戦中の後悔と、戦後に「黒い雨」を浴びた方々と交わした約束でした。

 法廷での取材や、裁判記録を読むことだけでは知ることが出来なかった学者の思いに触れることができたのは、直接お会いして、時間をかけて話を伺ったからこその体験でした。取材の奥深さと面白さを知ることができました。

 取材・執筆した記事はこちら→広島の「黒い雨」調査、97歳気象学者の後悔と約束

これから
新しいニュース発信にも挑戦

 従来にやり方にとらわれないニュースの発信にチャレンジしたいと思っています。

 朝日新聞ではデジタル発信に注力し、紙面以外での見せ方の模索も続けています。私は朝日新聞の先輩方が長い歴史のなかで培ってきた取材・執筆のノウハウを学びながら、変わりゆく時代のなかで「ニュースとは何か」「どのようなニュースが求められているのか」を考え続けたいと思います。

 

MY CAREER HISTORY私のキャリアヒストリー

2018 / 04

入社 大津総局 県警・司法担当 [1年目]

 1カ月弱の研修の後、大津総局に配属になりました。琵琶湖などの自然に恵まれた滋賀県では、事件や裁判、スポーツ、文化など、先輩に教えられながら多様な取材にチャレンジしました。

2018年8月、甲子園で近江―智弁和歌山戦を取材。初戦突破を決め立ち上がって喜ぶ三塁側アルプス席の近江応援団
2018年10月、逮捕術を体験
2020 / 04

広島総局 県警・司法担当 [3年目]

 広島総局に異動後も、引き続き事件や裁判を担当し、主に選挙買収事件などを取材しました。日々の地道な取材から、忍耐力を養いました。

2020 / 09

広島総局 広島市政・平和担当 

 1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾によって被害を受けた方々や、核兵器を巡る現状を取材しました。核兵器禁止条約や、原爆投下後に降った「黒い雨」訴訟、平和記念式典などを担当し、被爆者の願いと世界の現状のギャップを肌で感じながら、未来に向かっていま何を発信するべきなのか、考え続けました。

入社動機

 大学3年生の夏、沖縄県の米軍基地前で抗議の座り込みをする人たちを見ました。現場から、社会の変化を肌で感じる仕事がしたいと思い、記者を目指しました。取材や執筆について学ぶために、報道機関として歴史が長い新聞社を選びました。その中でも朝日新聞は、多様な人材を受け入れる寛容な雰囲気が自分に合っていると感じ、入社しました。

オフの過ごし方

 長期休暇は、海外旅行に出かけます。入社1年目はインドに、2年目はイスラエルとパレスチナ、ポーランドのアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館に行きました。海外旅行は日常から離れて、その土地の歴史や生活を知ることができるのが魅力です。
その他の休日は、友人と飲みに行きます。地元のおいしいご飯を食べて、ゆっくり寝れば、大抵の悩みは解決します。

みなさんへのメッセージ

 現場で見聞きしたことを、自分の言葉で伝えることができるのが、記者の魅力だと思います。辛いこともありますが、記者にならなければ出会えなかった人たちに話を聞けるのは、とても刺激的です。
 就職活動でひとつだけ後悔があります。私は最初から記者志望だったので、メディア業界の説明会にだけ行っていました。そのため入社してから「他の業界の人にも話を聞いて、企業や仕事内容について学べば良かった」と後悔しました。記者になって取材するのは(当然ですが)記者以外の人たちです。是非、記者以外の仕事も知って学んでください。そのなかで朝日新聞を選んでいただけたら嬉しいです。

PAGETOP