Message 先輩メッセージ

現在の仕事
ニュースの法人向け営業を担当

 ニュースを個人ではなく、企業向けに売る仕事をしています。たとえばヤフーやLINE、スマートニュース、グノシーのようなニュースサービスへの提供、テレビ・ラジオ局への提供、そして新幹線をはじめとするデジタルサイネージへの提供などがあります。紙の新聞や朝日新聞デジタル以外の場所で、読者とつながるチャンスを見つける仕事でもあります。より多くの人に朝日新聞のニュースを見てもらい、物事を考えるきっかけになったり、心を揺さぶられるきっかけになったりしたらうれしいです。ひとりでも多くの人に朝日新聞のファンになってもらうことを目指し、日々取り組んでいます。

印象に残っていること
人気ドラマ「相棒」と出版のコラボ企画を担当

 テレビ朝日に研修派遣にいったとき、番組と出版のコラボレーションを図る仕事をしました。人気ドラマ「相棒」のノベライズ企画では、番組への企画提案から編集方針の打ち合わせ、プロモーションに至るまで一貫して携わることができました。ノベライズの第一弾が出たときには、水谷豊さんと寺脇康文さんのコンビでPRをしていただき、おかげで累計240万部を突破する人気シリーズになりました。番組スタッフのみなさまと築地の寿司屋で祝杯をあげ、大いに盛り上がったことを覚えています。

これから
他社との協業で新しい価値を生み出す

 スマートフォンが常に手元にある時代にあって、ニュースが読まれる機会は飛躍的に増えていると感じます。どうしたらニュースでビジネスができるのか、どのような企業と組めば今までと違った価値を生み出せるのかを、追求していかなければいけません。ネット市場の動向や新しい技術、デジタルサービス全般を幅広くウォッチするようにしています。

MY CAREER HISTORY私のキャリアヒストリー

2000 / 05

出版販売部 雑誌営業、書店営業担当 [1年目]

 書店さんや出版社の営業担当と交流する日々。地方出張で地元の書店さんとお酒を飲みながら本の話をするのが楽しみでした。

司馬遼太郎「街道をゆく」ブックフェア
2005 / 04

書籍編集部 書籍編集担当 [6年目]

 「自分で作った本を自分で売る!」と思っていたのですが、本を作ること自体に四苦八苦。編集の仕事のたいへんさを知る、貴重な経験でした。

2006 / 04

テレビ朝日事業局に研修派遣 [7年目]

 六本木の森タワーに勤務。「相棒」のノベライズと、「世界の車窓から」のDVDブックを企画し、多忙ながら刺激的な毎日。

2007 / 09

デジタルライツ事業チーム [8年目]

 用語検索サイト(現在の「コトバンク」)の立ち上げに参加。IT用語がわからず、打ち合わせ後には必ず意味調べをしていました。

2009 / 01

コンテンツ事業センター [9年目]

 「ニュースEX」、「ブック・アサヒ・コム」、そして電子書籍配信会社「ブックリスタ」。新しい事業の立ち上げに次々と関わり、デジタルビジネスのいろはを学ぶ。

2013 / 09

デジタル営業センター 法人営業担当 [12年目]

 朝日新聞デジタルのデジタルコース会員であれば食べログ、クックパッドなどのプレミアム機能が使える「提携プレミアムサービス」を企画。

2016 / 05

コンテンツ事業部 ニュース配信担当 [15年目]

 現在の業務、ニュースの外部配信担当に。

入社動機

 高校生のときに埼玉県版でやっていた「高校野球作文コンクール」に応募し、入賞。受賞式で訪れた浦和支局をみて、新聞記者を夢見る(新聞記者にはなれず)。本や雑誌も大好きで、とにかく活字媒体に関わりたいと思い、志望しました。

オフの過ごし方

 日本百名山を目指して全国の山を行脚中。入社した2000年に出版局から「週刊日本百名山」が発売されたことをきっかけに始めて、2017年現在85座。土日で登れる山は登りつくし、あとは長い休みがないと登れません・・・・・・。

水晶岳山頂にて

みなさんへのメッセージ

 私は出版の営業職で入社しましたが、その後書籍編集部、テレビ朝日、新聞のデジタル部門とさまざまな職場を経験しました。情報を発信する現場はどこもおもしろく、やりがいがあります。めまぐるしく移り変わるメディアの世界で新しいことにチャレンジしたい方、ぜひ一緒にやりましょう。

他の社員をみる

PAGETOP