Message 先輩メッセージ

現在の仕事
目的達成のための「仕掛け」や「ストーリー」を考え提案する

 「朝日新聞デジタル」やウェブマガジン「&M」、「&w」など、朝日新聞社が運営するWEBメディアの広告営業をしています。デジタルの世界は進歩・進化が早く、海外の企業やベンチャー企業が協業先や競合にもなります。世界の広がりや技術的進歩を感じながら信頼のあるメディアを売れることは、とても魅力的です。

 また広告特集の提案においては、ユーザや世の中はどのような情報を求めているのか、それをどのような切り口で表現すると広告主の目的を達成できるか「仕掛け」や「ストーリ」を考え、それがズバっと決まり、更に望んだ結果を得られたときは大きな達成感を得られます。

印象に残っていること
教育の現場に「朝日新聞」がある喜び

 小学校・中学校・高等学校の先生や司書の方々と出会った、新聞記事データベースの営業が心に残っています。

 教育において新聞は有用であると考えてくださっていて、「いかに触れてもらうか」「どのように活用してもらうか」に様々な工夫をされていました。朝日新聞社が世間の信頼を失う出来事を起こしたときにも、もちろん厳しい意見をいただくことはありましたが、多くの方から励ましの言葉をいただけたことに感動をしました。

 そんな皆さんからいただいた要望を形にして、それが実際に教育現場で活用され、子どもたちが新聞記事に触れ、面白がってくれている姿を目にしたときに、この仕事に携われる喜びを再確認できたことを覚えています。

これから
デジタル領域のあらゆる知識とスキルを身につける

 プログラミングやサイト解析、ユーザデータ活用など、デジタルに関するあらゆる知識やスキルを身につけたいと思っています。プログラミングを学べるWEBサイトやサービスで勉強、資格を取得したり、サイト解析やユーザデータ活用に関するセミナーに出席したりしています。また日常の業務の中でも、例えば「どのような広告原稿のクリック率が高く、契約や申し込みに至っているか」などを分析するようにしています。

MY CAREER HISTORY私のキャリアヒストリー

2009 / 07

デジタルメディア本部 広告営業チーム [1年目]

 2008年から新卒採用が始まったデジタル部門に二期生として配属されました。今では後輩たちも増え大家族のようですが、当時は一期生の先輩と同期の4名で少し心細かったことを覚えています。

2010 / 08

デジタル営業センター デジタル広告チーム [2年目]

 デジタルのメンバー中心にフットサルチームを結成。現在は他の部署も巻き込み、会社公認の「朝日フットサルクラブ」として月1の社内大会を中心に活動しています。

月1の社内大会「Asahi Champions League」集合写真
2011 / 12

デジタル営業センター デジタル広告営業チーム [3年目]

 映画の広告特集で憧れのラモス瑠偉さんに出演いただきました。年末で出演者探しに苦戦していたところ、私のサッカー愛が決め手となって実現した取材です。

2014 / 03

デジタル本部 データベース事業部 データベース営業 [5年目]

 異動後半年で初の海外出張へ。北米の大学につとめる先生方とお会いし、朝日新聞が海外でも必要とされていることを強く感じました。2015年、2016年も海外出張を経験。

北米の展示会でのプレゼン風景
2014 / 04

第一子誕生 [6年目]

 第一子誕生。先の海外出張と出産予定日が重なり、更に欠航で帰国が一日遅れる・・・とスリリングな展開でしたが、帰国してから1週間後、無事出産に立ち会うことができました。

2015 / 12

デジタル本部 データベース事業部 データベース営業 [7年目]

 新聞記事データベース「聞蔵」を使った就活対策講座を評価いただき、クライアントの大学から講師の依頼を多数いただきました。

大学での就活対策講座
2017 / 04

総合プロデュース室 デジタル推進チーム デジタル広告営業担当 [9年目]

 5年ぶりにデジタル広告の世界に復帰しました。アドテクノロジーの進化や自身の成長を感じられ、新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいます。

経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」と連動した大型企画を展開
営業数字達成会

入社動機

 人生を振り返ったときに「自分はこんなことをやれた」と誇りをもてる会社に入りたいと考えていて、信頼・責任ともに大きい朝日新聞社は、その想いを叶えられると思い志望しました。また業界が厳しい状況にあるからこそ、自分の生み出したアイデアが次のスタンダードになる可能性がある。「130年の伝統を持つ会社で新しいビジネスモデルを考えられる」ことを魅力に感じ、入社しました。

オフの過ごし方

 休日は娘の相手をしています。公園で遊んで、ドーナツを食べて、おもちゃ屋さんに行って・・・とフルコースを提供していて、明日は仕事だよと告げると「さびしい」と言ってもらえることが喜びです。趣味はサッカー観戦で、私の親を含めた親子3代でJリーグの試合を観に行っています。0歳からスタジアムに通った娘は今や立派なサポーターです。

娘とサッカー観戦

みなさんへのメッセージ

 私は就職活動中、「採用する側の立場にたったとき、自分と一緒に仕事をしたいと思えるか」を常に考えていました。面接マニュアルやエントリーシートの書き方本など便利なツールはたくさんありますが、一番大切なのは「自分の頭で考えて、自分の言葉で話す」ことだと思います。朝日新聞社には人を見るプロがたくさんいます。自分に自信をもって、ぶつかってみてください!

他の社員をみる

PAGETOP